脱毛後のもみあげ部分にニキビができてしまったら、乾燥を疑わなければなりません。思春期の頃は皮脂の分泌が多過ぎることが要因となりますが、大人になってからできるものは乾燥が大きく影響しています。

ニキビの仕組みとして、毛穴の出口部分の角質が厚くなってしまい、そこに皮脂がたまってアクネ菌が増殖してできてしまいます。肌の乾燥とは真逆の現象のようにも思えますが、実は乾燥すると角質が厚くなり、毛細血管の流れが悪くなって皮脂が詰まりやすくなりますので悪影響を及ぼします。もみあげ部分はカミソリで剃ることも多いのですが、剃る時に角質まで一緒に削り取ってしまい、肌を余計に乾燥させてしまうことがあります。

お手入れの際には肌を傷つけないように十分に気をつけ、終わったら必ず保湿をしておくことが重要です。もみあげのニキビは、洗顔剤やシャンプーなどのすすぎ残しが原因の可能性もあります。

洗顔や洗髪の際にはすすぎ残しがないように注意しなければなりません。あまりにも症状がひどい時には整髪料の使用を中止し、症状が落ち着くのを待つことも大切です。整髪料は肌に刺激を与えますし、それが肌に付着している状態で寝具に触れるとリスクが高くなります。